FC2ブログ

正しいお返事

04-30,2013

〆切りを明日に控え、つめつめなのに、今日は朝から急ぎの雑務が…!
一区切りして作業に入ったはいいけれど、風邪っぽさが抜けないで
へにょへにょしつつ作業〜〜
夫から「挙動が変」と言われながらもだーいじょーぶー

夕方、担当さんから電話が入り「進行状況いかがですか?」と聞かれたので
「あがるんじゃないでしょうか」というへんてこな返事。
でもその担当さんは、お付き合いが長いので、そんな変な返事にも動じず
「では明日〜」と言って電話を切ったのでありました。

「あがるんじゃないでしょうか」…間違いです
正解は「あげます!」でした。
スポンサーサイト



母性本能とかってやつ

04-29,2013

母性本能ってのは女の人はあるもんだって思っている人多いけど
実際はそんなことないなぁと思うのは私だけじゃないんじゃないかと。
出産育児で強く思ったのはやはり「責任」ってことで
カワイイとかって思える余裕はなかなか生まれなかったというか…
こういう話を知り合いの女性にすると「ええっ?うそっ!」って反応貰うことも多くて、
それ聞いて「ええっ、うそっ!」と同じように私も思うわけです。
「母性本能」ってのはなんぞやとしばらく悩んだこともあります。

しかし、そんな母性本能とかってのと関係なく子どもが好きで
子どもにも懐かれるという人ってのはいるもんです。
うちの夫見ていてしみじみ思うんですよ。
「うちの子人見知りで」「ヒゲとメガネの人見ると泣くんだよね」
こういわれるほとんどの子が、うちの夫に抱っこされてキャッキャやりはじめる。
猛獣使いの人みたいな?

私は言語が解せるようになった子はお付き合いだいじょーぶ。
なので息子が3歳くらいの時にはマジケンカしておりました。

20130429-2.jpg

まあつまらない話しなんですが…

今日のノルマ果たしたので

04-28,2013

昨日、マンガ教室の後、少し仕事したらドッときて
夫と二人して早じまい。
そんでもって今日はスタッフがお休みで息子も不在なのでか
朝、目覚ましかけていたのにいつの間にか止めていて大幅に寝坊…

起きてゆるゆる作業を始める。
とかしていたら頼んでいたマンガが届いたりして
嬉しいけど今日のノルマが果たせないとやばいのでちびちびと
作業の合間に読みました。

夕方「絶対ここまではやらないとまずい」ラインは果たせたので
夫と約束していたDVD観まして、それなりに良しと言う日でありました。

本当はもう少し作業を進めればとてもおりこうさんなのですが
朝からちと風邪気味なので、やはりここは今日も早めのしまいを目指そうと
思うのでありました。

なにしろ〆切りが目の前なので、体調戻しておかないと困ったことになるですよ。
そしてその〆切りの日に別件のカラーラフ出しも待っているっ!

あーーホント、体力いるわーって思う今日このごろ。
お年ごろなもんで尚更(^^)

連休って?

04-27,2013

世の中は連休がはじまりました。
が、しかし、連休ですが休んじゃうとまずい進行なのでお仕事します。
しかも、ギチギチ。
そんな中、本日マンガ教室ありました。
生徒さんはいつもより少な目。
…だよね連休だもの(^^)
それでもみんなでマンガの話ししたりお絵かきしたりして
終わった時にはドッと疲れが。
もうね、おばちゃん若者と過ごすとエネルギー消費すごいのよ。
もっとも、たくさんいいものもらっているんで、いいんですけど(^^)
ヘロヘロだけど気持ちいいよ。

そうそう、連休らしいこととして「夫とDVDを一本は観る!」を予定してます。
息子が留守だし、ちょいのほほんとした時間をと。
それができるように日中お仕事ノルマを果たさねばです。

皆様も楽しい連休をお過ごしくださいませ〜〜

フサちゃん

04-26,2013

ある〜〜日〜〜♪
20130426.jpg

決まらない…

04-25,2013

今日は何度もブログ記事書いては消して、どうにも決まらないです。
まるで今日のネームですわ。
浮かんではメモって、ダメだこりゃってなって
決まらない…

ツイッターにもつぶやいていたんですが、ホントに私デスクワークが苦手なヤツなんです。
特に机の前で考え事は眠くなるっていうか…脳みそが停止するというか…
机の前は主に実作業かマンガ読む時に座っております。

実際、考え事してまとまらないまま時間が過ぎていくと
「時間がもったいないーーーっ!」とそのことが気になってしまって

あまりにもダメダメな時は、潔く洗濯とかスーパーで食材選びとか
そういうことやりつつ考え事するのが、結果一番有効みたいです。

本日もなんとか小さなお話の素が生まれてくれたので、これから超速で育てます。
明日夕方までに大きくな〜〜れ(いや、なって!!)

入手できるもの

04-24,2013

去年、サイトリニューアルして既刊本情報の記事が現在ありませんでして
ちょびちょびとお問い合せなんかあると、ありがたくありつつも、申し訳なくもあり。

現在まで出していただいたコミックスはかなりが絶版となっています。
その中でもあおば出版さんの分は発売されてすぐに倒産で絶版となった物もあって
流通にあまり乗らないまま消えたりと残念な作品もあります。

絶版になったコミックスはebook japanさんで取り扱っていただいていて
現在38作品あります。下記アドレスで御覧くださいませ。
そしてよろしければ懐かしい作品など、こちらで読んでいただければ幸いです(^^)
また、現在連載中の橘屋の20年くらい前の連載初期のものなどもこちらで読めます。

http://www.ebookjapan.jp/ebj/search.asp?s=6&sd=0&q=%95%9F%93c%91f%8Eq


ちなみに、現在中古でなく入手できるコミックスは下記の作品です。

「侯爵と眠れる森の美女」
「公爵と三人の花嫁」
「公爵に恋の罠を 」

この3作品は宙出版さんから(エメラルドコミックス ロマンスコミックス)です
甘々ラブラブな作品です。

「空への手紙1 病弱教育理解のために」
「空への手紙2 病弱教育理解のために」

この2作品はジアース教育新社さんからで
病弱教育について横田雅史先生が寄稿下さっていて「空への手紙」の2巻までを病弱教育の副読本として改めて発売されたものです。

「言えなかったありがとう」原作・早野香寿代 
こちら秋田書店さんからです。

どうぞよろしくお願いします。

新着お仕事情報〜

04-23,2013

再録
*「スマイルで歩こう!!」
「サクラ〜愛の物語」5月号 メディアックス
シングルマザーの友江と料理男子鈴太のお話♪
健気っぷりを読んでやってください〜〜


***そして再録ではないのですが***

ところで、先日古い刷り出しをゴソゴソめくって
デビュー間もない作品を読んだりしていたのですが、その中の1つが
あまりにもすごいお話だったので吹きそうになりました。

そして思わず「当時の担当さんすげー よくこのネームでゴ−出したなっ!」
と心の中で叫んだ私。

どうすごいのかってーと、ラブコメなんすけど
彼氏いない歴=年齢の天然売れ残り主人公が、妹にバカにされて「結婚するもんっ!」と見合い。
なんと3高の(当時流行ってたなぁ3高っての)エリートと結婚!
ウソッという妹、なにか裏があるのよっ!とか言われつついい人だしってんで結婚。

そしてHAPPY!な新婚旅行〜のはずが、旦那は海外で食あたり。
おなかを壊して下痢ピーで、主人公はホテルでせっせとパ◯ツ洗い
天然なので、気にしない主人公に、夫はジーン。
そんなエピソードからじんわりとラブになる二人。
しかし、ある日、幸せな二人の前に「彼を取り戻しに来た彼」が現れる。
実は主人公の夫となった彼はエリートでイケメンで、それだけに肉食女子に狙われ
女性不信から男に走ったという人だったのでした。

そしてこの結婚は偽装のためにした…という。
ショックを受ける主人公だが…

…まあオチは大団円なんすけどね。ラブコメですし。
天然最強ってヤツで。

読み終えて「担当さんチャレンジャーだったんだ」と思いましたよ。
大体、新婚旅行に下痢パ◯ツ洗ってラブって…どういうエピソードよっ!
そして、偽装結婚って… ツッコミ止まらず

おそらく絶対、再録とかにならないだろうなーと思うのですが
個人的に気に入っているお話なので、ついご紹介(^^)

*そうそうこの作品のタイトル「幸せの黄色い…」でした

酔った…

04-22,2013

お酒じゃありません。

今日は朝から事務仕事や雑用がちまちまあって
午後から病院付き添いで、母と3時間近く会話するという修行があって
帰宅してから夫と取材の件で打ち合わせ。
テキパキとしたいのに、私の動きに付く擬音はどうしても「バタバタ」な気が。
…休日明けってのはどうにもリズムが取れません。

そんなこんなで一区切り着いたので夕飯の支度
食後の予定を考えていたら、ハッと思い出したことが
「今日は息子にゲームをしてもらう約束していた日だっ!」

実は私、ゲーム好きでもプレイが苦手。
ホラー系は特に好きなのに「怖いから画面見れない」ので即死。

…ってわけで物語に興味あるゲームなんかは息子が小さい頃「やってもらってました」

ええもう、試験前でもこちらの時間が取れたら遠慮無く。(おいっ!)

それでもこちらも仕事で時間がそうそう取れないのと、息子が遠方に出ていたので
めっきりお願いすることもなかったのですが
去年ゲットしたゲーム、一年半くらい経った今、ようやく時間が取れるかっ?!
と思ったので先週やってもらう約束していたのでした。

オープニングから一時間くらいお願いしたんですけどね…

観ていたらなぜが気分が…げっぶっ

胃が気持ちわる…なんで〜〜食べ過ぎ〜?
とか思っていたら、その気分の悪さが「乗り物酔い」に似ていることに気がついた時には手遅れでした。

「息子っ!画面グルグルしすぎだよっ!」
「目が回るっその動きどうにかならんかっ!」と文句を言いつつ
素直に謝られ「じゃあゆっくり」とか気を遣われると「別に…もう酔ってるから」とか
言っちゃって。
ソファに横になって目線そらせつつ、物語だけ追っておりました。

一時間経つ頃に「あんたそれで酔わないんだ、すごいねー」と感心したら
「えっ、普通に酔うし」と答えられた。

捨て身かよっ!その方がすごいわっ!

続きは多分次の〆切り終わってだな。(いつ終わりを見れるんだろう)


寒っ!

04-21,2013

本日は、今やっているお仕事の取材で別府まで。
「あの輝きの向こう」のあきちゃんちです。
もうじき5月だというのに、駅を降りて「さむっ!」

神鳥ママとおねえちゃんと取材と言う名のお喋りをしてきたのですが
神鳥家、しっかりヒーター稼働。そしておっきなコタツも出ていました。
冷えた身体にぬくぬくのおこた。
そして、神鳥ママ手作りのスパゲティいただいて、お茶いただいて、
岡山名産のお菓子いただいて…おなかポンポコリン。
しかもおみやげにと、手作りパンをいっぱい!

みごとに「美味しい取材」でありました〜〜

そして、神鳥家を引けた私は西別府病院まで。
(これまた神鳥ママに送ってもらっちゃったよ!)

取材でそのままお友達になった、早野香寿代さんに一年半ぶり(?)くらいに
会いに行きました。

色んな事情で面会できなかったのですが、久々に会った彼女と相変わらずの乗りでお喋り。
「お互いもう50過ぎなんだよね
やっぱさ、このくらいの歳になると以前と違ってきてさ…」といいかけた私に
「丸くなった?」と彼女。
「んにゃ、しないで後悔するくらいならして後悔するって気分が強くなった」と私。
「そっかーー!そうだよねー」と笑う彼女に
「だから、今年はもう少し多く会いに来るよ」と告げて帰ったのでした。

2つのお喋り。
贅沢なお喋りでありました。


大きな本棚

04-20,2013

この間夫が本棚を買ってくれました。
寝室の私のベッド周辺にBL本が溢れ山となっていたのを
見るに見かねたからでした。
(BL以外の本は廊下の本棚にあります)
実は寝室には既に大小合わせて6つほど本棚があって、
それも全部埋まってしまって、年中本の整理をしていたのでした。
作家さんごとやジャンルごとにパッキングして積んだり
色々工夫していたのですが、それも限界と見えたようで。

おかげさまで私のエリアの大半が「趣味の本」で埋まりました(^^)
こんな感じ
20130420.jpg

今までは高い場所の本は夫に取ってもらっていたのだけれど
さすがにBL本を取ってもらうのはなんだろうな〜とか思ったり
(タイトル読み上げるのもねぇ)

それにしても、この部屋を気にしないでいる夫に感謝しつつも
ちょっと「ごめんね」気分にもなる妻でありました。

うんうん

04-19,2013

今週の納品の仕事は夕べで終了したのだけど
打ち合わせとか、事務仕事で日中バタバタ。
お茶のお稽古は息子に頼んで、私は途中参加。
お花に裏山に咲いていたコレを摘んでいきました。

20130419.jpg
ネットで調べたら名前をアブチロンとか言って
このタイプはチロリアンランプとか言う品種とかって書いていた。
初夏の花だそうです。
6〜11月頃まで楽しめるとか。
…さすがだな九州。と勝手に関心したのでありました。

本屋にダッシュ

04-18,2013

昨日原稿アップしたので、今日は溜まった洗濯物と片付けとして、
我慢していた本屋に行って、積ん読本を読もう…
と計画色々妄想していたのですが
朝、起き抜けに「今日送るカラー原稿を描くんだった!」と思い出し予定を大幅変更。

洗濯機を回しつつ雑用して、カラー絵の資料探す。
(片付けと本読みは後に回して)
そんでもって作画。
水貼り失敗して時間ロスするも、なんとか送付時間までに完成しました。

着彩の最中の夫の掛け声「早く仕上がったら本屋へ行けるぞ」(^^;)

送付済ませて夕飯の支度…ダーーーッシュ!

夕食後、夫に一言「本屋さん開いてるうちに行くわっ!」
そのまま本屋へダッシュの私。
新刊眺めていくつかゲット。幸せでございました。

明日は調整日で午後からお茶稽古。
来週からの作業の前に一息であります。

画像はカラーの一部です。
201305_橘屋色


ちなみに毎日Amazonでポチッてました…

無事終わったのでアライグマ

04-17,2013

納品約束から一時間ほど遅れてデータ送信。

おわった…
現在ちとボロいです。

ので、今日は先日のイベントの撮影会でプロの方に撮ってもらった写真が
届いたので、それをスキャンしてアップいたします。

枯れ木も花の…ではないのですが、せっかくなのでと撮ってもらったものの
ポーズなんかガイドしてもらって「見返り美人」って感じ?
(そもそもポーズがいるのかというツッコミはナシで)

他の子たちはそりゃもう二次元から来たの?ってくらいなできあがりなんですが
私のコレ…50過ぎてコレ…
でも来年もきっとコレ…
よかったら来年は原物見に来てくださいませ〜〜
img002.jpg
身長の問題でシッポが床をひこずってモップ状態に…

最良の教師

04-16,2013

今日の日めくりの格言名言には
「逆境は最良の教師なり」とありました。

うそだね。

あ、違うか「自分で招いた逆境は教師にならない」ってことか。

どうして〆切りってギリギリのギリギリのギリギリに…

毎度逆境という感じなんですが
二十数年やってきてほとんど学習していないような気が…

後少し…後少し…
鍛錬遠足で呪文のように繰り返していた言葉を思い出しつつ
が…がんばる!

焦らないで どうどうっ

04-15,2013

朝から作業です。
絶賛遅れ中なので、やや焦っております。
母の病院の付き添いは先週から「行けないので代理を出す」と言っていて
今日は息子を代理で派遣。
作業〜〜
そして、担当さんから電話があった時、
会話の端々で「すみません」とか「ちゃんと時間には」とか
つい出てしまう私に「焦らないでいいですよ。大丈夫ですから。」という言葉を
かけてくれたりして。

…でも焦るわけです(^^;)

そんな私の机の足元には漫画の入った袋が常備。

ここまで進めば休憩で、そしたら読める…!
とか、ご褒美で釣るとかっていくつだよ自分!

自分でツッコミ入れながら「三つ子の魂百まで」と答える自分。
ああ、そうだった、小さい頃からこの方式だったよ。

後少し。
がんばりますー

そばにいる

04-14,2013

本日朝から師匠の追善茶会。
弟子、孫弟子まで入れてみんなで、師匠と親しかった方をお招きしての茶会です。
6席まであって、私は濃茶席の草履番というか案内でした。
草履番と言えど侮る無かれ。
ほぼ5時間、立ちっぱなで席中の様子を伺いつつパシリするのです。
日頃デスクワークばっかの私には、なかなかハードでありましたが
待つ間、庭を眺めつつ師匠のことを思い出し浸ることで過ごすことができた
贅沢な時間をいただきました。

息子は薄茶席の草履番(^^)
後、片付けとかの力作業担当(^^)
いやー若い男子、よく使われてましたー

そして、無事会は終わり、社中のみんなで食事会…と流れだったのですが
残念ながら、そちらはパス。
手元の作業がとんでもない状態ですので、ええ。

師匠の追善茶会だけは絶対に出るっ!と去年から決めていたので
仕事やりくりしても出ましたが、食事会までの時間は捻出できませんでした。

かつて師匠に仕事でお稽古のお休みが続いた時
申し訳ないです…とシオシオとしょげて休みの連絡を入れていた時
「お茶の心があればいい
今大事なことをやりなさい」というような言葉をいただいていたので
今回も心の中で師匠に「申し訳ありません。でも仕事きっちりやります!」と
言いました。

晴れ女と有名な師匠でしたが、本日も晴天でありました。
写真-4
朝、茶会場の汲心亭の階段を掃除する息子(手前)

せっせとお仕事

04-13,2013

〆切り目指してがんばるー

考えたら最近、健康的なお仕事の仕方になっております。
朝起きて、お仕事して、夕方一旦離脱。
夕飯作って食べて、お風呂入って…仕事再開。
ある程度の時間になったら終了して、クールダウン。
就寝…

昔の自分に教えてやりたい。

まあ、ホント、体力がね…いやホント

徹夜とか徹夜とか徹夜とか…遠いわー

徹夜で遊んだり飲んだりなんてのも遠いわー

今は、お仕事できて漫画読めたら幸せー
その体力だけは死守するのですー

疲れてきたのでどうにも頭が回りません
いつも以上に文章めちゃくちゃ すみません

明日は朝から気合のいる出事があるので、多分今日は早めの終了。

はい、お電話替りました

04-12,2013

今日昼過ぎ提出のシナリオは猛ダッシュで仕上げ無事出せました。
担当さんからの返事を受けて、一区切り。

その後雑用して夕飯の買い出しにスーパーに出かけてバタバタと
帰宅後、昼過ぎまでダッシュかけた反動でぼーーーっとしておりましたら

電話が

アシスタントさんが出ようとしたのを、私が「出るよ」と言って
受話器を取るなりご挨拶

「はい、お電話替りました」

…誰に?!


一瞬、仕事場も電話の向こうの方も「…」

ぼーーーっとした頭の私、なにか変だと思いつつ

「あ、どうぞ」

…なにがっ?

担当さん『あの、福田さんで…よね?先生…ですか?』

担当さん『あの…キャッチとかだったんですか?』


「いいえ だいじょうぶです」(キッパリ)

…ってなにがっ??!

その後、妙に噛み合わないやり取りの後用件を伺ったのですが
その担当さん、初めてお仕事する方なんですよね。

お付き合いの長い担当さんには、こういうやり取りは
「ああ、福田さんだし」で了解済みなのですが
やっぱ、最初のうちはそれなりに「仕事の人」って感じで行きたかったですよ。

そんな野望も瞬間で吹き飛び

ただただ、今日の担当さんが気の毒だったと思う私でありました。

ホントに何考えてたんだよ私っ!


昨日のいい子は今日の悪い子

04-11,2013

昨日は予定より早く原稿をアップしてほめられた私ですが
今日は進行がすっかり遅くなって
お約束の〆切りを延ばしてもらう事になった私でした。

そのため、この間ツイッターかブログに書いた
「今の原稿が終わったら一日完全に休んで」というあたりが
非常に怪しくなりました。

掘った穴は埋めねばです。

あ、でもちゃんと漫画とか読んだりしているんですよ。
ただですね、追われるように読むのと、完全にオフだということで読むのは
違うんですよホント。
積読の山が高くなっていくのも辛いですー

新着お仕事情報〜

04-10,2013

再録
「ワルツ」第一話
「涙がこぼれたあの一言」5月号 ぶんか社
早野香寿代さん原作のラブストーリー
筋ジストロフィーを乗り越えて恋に生きる女性のお話

…って取材(「言えなかったありがとう」)で知り合ってそのままお友達に
なった早野さんとアレコレ話していた頃聞いた
早野さんの「恋バナ」がネタになったものなんですよ。
ホントいいです。読んでみてっ!
109731.jpg

*「続・橘屋繁盛記」
「15の愛情物語SP」5月号 メディアックス

描き下ろし「続・橘屋繁盛記」は「15の愛情物語」で連載中ですが
その以前の分がこちら増刊号で再録されています。
コミックスがないので、未読の方はぜひこちらで(^^)/

目が〜〜

04-09,2013

仕事が詰んできたので、自然デスクに貼り付き時間が長くなります。
怠け者の私だが、やるときゃやるぜ!(〆切り目前でやらない選択肢あるのかっ?)

けれど

ちみちみちみちみ…アレ?
線が増えている?

ちみちみちみちみ…アレレ
線がかすれてる?

というわけで、昔のように「行けるとこまで行くぜ!」とは
いかないようになったなぁと。

明日はいつもより早めの始動です。
昼間でに仕上げたら、午後は別の作業が待っていて
もう待ったナシな状況なので、しょぼつく目と
強張る首肩をだましながらがんばるっ!

そして、今抱えている全てが終わったら丸一日は休むんだっ!
(というより、その時は使い物にならんだけ)
溜まった漫画読んで、そんで、そんで

ゴールデウィーク進行で早くなった〆切りの原稿に
著手ーー!

ハーメルンのネコ婆さん

04-08,2013

色々と修羅場っているので、愚痴るのもなんですので
つまらないネタをひとつ。

うちの母が介護施設に入所して数ヶ月。
リハビリとストレス解消を兼ねての散歩許可を取って散歩を始めました。
施設というのが実家から徒歩十分くらいの近距離なので
散歩していたらすぐ側の公園までたどり着くわけです。

そこで母が散歩していたら、実家のネコ達がぞろぞろと現れたというじゃないですか!
実家にネコエサとトイレの掃除に私とスタッフのかずちゃんとでせっせと通うのに
ネコ達は遠巻きに見るばかり。
なにしろ出入り自由なネコ通路あるもんで…
実際5匹は残っていると聞いていたのに、遭遇したネコ達の柄が母に聞いていたのと
数が合わないし、もしや交通事故にでもあったのか…とか思っていたのですが
いましたよ。

しかも母のところには全部のネコがアチコチから寄ってきたとか…
(どういう情報網だよネコ達)
恐るべしネコ命の女!

いや、いいんすよ幸せなら。

そして私とかずちゃんはお礼の猫なで声を言われることもなく
今日もせっせとネコエサやってきたのでした。

写真-3

突然の

04-07,2013

「明日届けます」というシナリオをやっています。
そんでもって「明日出します」と言っていた橘屋の予告とネタを考えて
その後に控えている作品の追加取材なんかやったりして。
焦る私の動きがジタバタ度アップしてきて夫から
「お茶飲むくらいゆっくりしなさい」とたしなめられたり。
でもやるんですよジタバタ。
だってもうさ、もうさ…
「焦る方が効率悪いでしょうが」と言われても
今日もドタバタジタバタしておりました。
イラストは春売りの雑誌表紙の宗一郎の背景用に書いたものです。

佐伯の春

04-06,2013

「佐伯の春まず城山に来たり」国木田独歩
と書かれたように、城山からの景色は美しいです。
その城山を中心に、春祭りが催されるのですが
何故だか佐伯の春祭りはかなりな確率で雨が降るのであります。

今日も実は春祭り初日で(うちはマンガ教室の日でしたが)朝から暴風雨状態!
うわあ…関わった人も行くのにワクワクしてた子も
どれだけガッカリしているか…

うちの息子も明日「春祭りの花見茶会」にお手伝い予定なんですが
午前中、ザンザン降る雨を見ながら「…」
ところが午後からウソみたいに晴れてきて
どうやらこのまま明日は雨が降らない予報。

教室から外を見ながら、子どもたちも「よかったねー」と
ホッとしていて。

祭りの場所にいなくても祭りがあっているってのは
どこかうれしいものなんだよねと思ったりして。
ちいさい頃の記憶も込みで(^^)

いろいろ貯まる

04-05,2013

郵便局からこんなんもらった。
貯金の苦手な私ですが、お釣りをチャリンと入れてウシシシ。
小さい頃もよくやったんですよ。
でもって一杯になる前に貯金箱の後ろから使い込む…
これもいつまで無事でいるやら(使い込む前提かっ?)
写真-2
今日はですね、〆切り一つ終了しました。
そして打ち合わせ電話がいくつかと、事務的な込み入った話が長めに。
息子から、14日の茶会の打ち合わせ報告受けて自分の担当のお仕事聞いて
「やれるのかっ?!」と心臓バクバク。
アレコレ合わせて疲労が溜まった一日でありました。

自分を騙せるか?!

04-04,2013

夕方からなんだか頭痛と寒気
でも絶対に風邪じゃないと自分に言い聞かせる
明日〆切りというのに風邪なわけないじゃん、ホホホ

いやホント
風邪じゃないって…

進め〜〜

04-03,2013

今日から肉体労働であります〜
描いて描いて描いて〜〜
しかし、悲しいかな生活するためには
様々な面倒事が…!
そのことで半日近く消えました、トホホ

ちょびっと疲れたりもしたのですが
そんな私に気力補給!
応援ツイートや、感想メールや
取材電話でお話伺う間に減ったHPが回復〜

作画を進めつつ、次の仕事のシナリオ作成と詰んできておりますが
色んな方に助けてもらいながら乗り切りますです〜

あきちゃん

04-02,2013

昨日の記事の続きです
「あの輝きの向こう」あらすじ一部

神鳥一家に生まれた新しい家族
三女のあきちゃん
あきちゃんはいくつもの障害を持って生まれました
口唇口蓋裂、高度難聴、両眼虹彩欠損、心室中隔欠損…

「このまま生きていけないのでは」
「生きたとして幸せになれるのか」
不安が押し寄せる千代美さんに夫の克比虎さんは
「しょわねえ しょわねえ」と笑って言ったそうでした
(しゃわねえは、大分の方言)

そうして、あきちゃんは家族の愛情と、たくさんの人の愛情で
「奇跡」のような成長をする…

*実は私と夫があきちゃんに出会ったのは今から十年以上前の事でした。
千代美さんにだっこされ、食事の指導を受けているところに
居合わせたのです。
その時のあきちゃんは、まだうまく動くこともできないでいたのですが
その後随分時間が経って再開した時には笑顔で歩いていたので
本当に驚きました。

お話伺ううちに「あきちゃんの事をいつか描きたい!」と思ってそれを
神鳥ご夫妻に伝えたら
「いいですよ」と快諾していただいたのが十年近く前の事でした。

正確には「あきちゃんの障害」の事を描きたいと思ったのではなくて
神鳥一家そのものを描きたいと思ったのです。

神鳥一家、本当に笑顔の多い一家なんですよ。
「しょわねえ!
この一言、もう魔法の一言っていうか…

そんで新作なんですが、去年ですね神鳥ご夫妻と会ってお話していたら
あきちゃんの話になって、なんと20になると言うじゃないですか!
しかも、現在の様子を聞いて、そこに至るアレコレを聞いて
私の心臓が漫画の擬音でいうところの「ド キューン」となったです。

その「ド キューン」がどんなものかは作品でお伝えしたいです。
む…難しいけどがんばるっ!
下のカットは新作の予告カットです。「神鳥三姉妹」左から「遥さん」「あきちゃん」「舞さん」
20130401あき-2

*昨日書いたので「しょわねえ」が「しゃあねえ」になっていました
ごめんなさい〜〜!間違えた〜〜!

進行中〜

04-01,2013

今日予告が出ていたので…
来月発売のレディースコミック「JOUR〜すてきな主婦たち」6月号
「あの輝きの向こう」という作品の続編を描かせていただけることに
なりました。
まず「JOUR〜すてきな主婦たち」の4月26日発売の増刊号
「あの輝きの向こう」再録掲載していただいて
5月2日発売の本誌で前編、6月で後編を新作描き下ろしとなります。
これは去年からずっと描きたくて、
こうして実現したことを本当に嬉しく思っています。

実話なんですが
どんな話だとか、どうして描きたいと思ったか
それについてはすこしづつここに書いていこうと思います。

ともかく載ります!
初めての雑誌ですが、読んで下さる方に作品の中の神鳥一家と一緒に
幸せについて考えてもらえたらと思います。