FC2ブログ

だからおばちゃんはがんばるよ

10-31,2012

へばってちゃいかんですね。
うん。

スポンサーサイト



出口が…

10-30,2012

本日も半日仕事しませんでした。(できなかったーー)
昨日までの続きの手続き関係とか、母や兄の件で
どうあれば一番良いのかを、相談。

昨日まで出口のないグルグルな案が出ては消え
本人の意向と現実とのギャップを前に、本人ではない私には決定もできず。
今までは「いつかの問題」だったのが「目前の問題」となったので
これはもう、今なんとかしないとダメだろうと腹をくくって問題と向き合うことに。

母と兄とも、それぞれと話し合って、なんとか出口らしいものが見えてきました。

疲労するにしても、出口がないものはひたすら気力がダウンします。
出口や向かう先のあるものは疲労はするけど、気力は減らない。

明日も続きがあるけれど、進みそうなのでがんばる。

ところで、いま現在
母と兄の事もだけれど、別の大変な問題が目前に

〆切り来週頭だよっ!
それまでに仕上げる予定の原稿がドンッとあるんだよっ!!


すっげー大きな問題!

これもまた逃げる訳にはいかないので、がんばって向き合うなり!!

ps・いろんな事態に遭遇すると、知らなかったことを知ることになるわけで、
今回のことで、いろんな学習をしているところ。
いやー勉強になるわー

そんな日もあるさ〜

10-29,2012

おかげさまで、母だいぶんいいです。
一週間絶対安静を無事過ぎれば、かなり見通しが立つということで。
けどまあ、私の方は例によってジタバタしておりました。

それでも遊びは

10-28,2012

今日は母の見舞いに「猫マンガ」を差し入れ。
はっきり言って集中治療室なので、テレビとかないし
絶対安静の母は、どうにも間が持たない感じ。
というか、することないから痛みに集中?
好きな猫絡みのマンガなら眺めるだけでも楽しいかなと。
そして私も本屋でマンガをゲット。

正直言って「大変」とか「どうしよう」で頭一杯になると
動きが悪くなるので、隙を見てマンガを読んでいる私。

仕事中のマンガもコレに近いですね。

言い訳みたいだけど、この件だけは言い訳でないと言い切れるですよ。
楽しむ事に罪悪感持って辛く過ごすと、いい結果がないのは経験済みなので。

「ごめんね」とか母が言っても「いや、私、好きなことする時間も取ってるから」
さっくり言いますし。
「辛いことはしないからだいじょーぶ」と言い切るもんで母苦笑い。

兄にも基本「自己中でいいから自分が楽しく過ごせることを考えて」とお願いしております。


そんなもんで
いつも一日が終わる頃、夫と私の自由時間はそれぞれが好きなことをして過ごす我が家。
楽しい気持ちで今日も1日いい日だったというために(^^)

おかげさまで

10-27,2012

周囲の方にはご心配をおかけしまして。
ここに書くのもどうしたものかと考えてしまったのですが
日記だし…ということで書かせていただきましたです。
書くとちょっと落ち着く感じ。すごいな日記効果。
てことで引続き書いてしまいます。

ジタバタと

10-26,2012

昨日原稿アップして、今日は雑用して次の準備…とかしていたら
実家の兄から電話。
母の具合が悪いというじゃないですか。
なんとなくイヤな感じがしたのでダッシュで向かうと(実家まで車で5分)
実家の前に救急車。

商店街なので、その周辺の顔なじみのおばちゃま達がぞろぞろと様子を見に出ている。
兄に「救急車呼んだの?」と聞けば、母が自分で呼んだと言う。

さすがだな母。
持病持ちだけあるよ…と感心しつつ救急車の後をおっかけて病院へ。

でまあ、色々あって現在…母無事です。
救急車呼んだ判断はよかったらしく絶対安静でございます。

絶対安静のくせに口は達者で、検査も終わりお医者さんから説明受け
深刻な内容なのにストレッチャーの上に寝て処置を受けている母と
漫才みたいな会話してしまった…

帰宅したのが9時過ぎで、それから夕飯を作ったりしてこんな時間。

うーん。明日は朝から病院だー
そして午後からマンガ教室ー
今日のノルマの原稿まっさらー
実家の兄も気になるしー(兄も持病持ちなのだ)

時々来るのよこういうジタバタな事態。
だからって慣れるもんじゃないけど(^^;)

ジタバタしていたら、夫が横から
「どうどう。あんたがジタバタするとろくなことにならない」と
落ち着けモードになっていた。

…そのとーりでした

終わりました〜

10-25,2012

ふひーっと終了。
それでもまだ今月はお仕事残っているのでした。
来月…来月の半ばになれば…
趣味のマンガ描く…(^^)

新着お仕事情報〜

10-24,2012

新作
「続・橘屋繁盛記」サブタイトル〜「オヤジの迷子案内」
「15の愛情物語」12月号 メディアックス刊行
この表紙がコレです !

本を見て改めて思ったのが「これレディスマンガの表紙か?」
でした。描いた本人がそう思うんですからなんですが。
すごいのは、それでオーケー出してくれる担当さん。

そして内容も…なんちゅうか
色気もなにもない、親父度高い作品となっております。
でもっ!
読んで欲しいっ!ほんっとーーーに、読んで欲しいのっ!

「ココロ屋のアルバム」
「最高の主婦たち」12月号 海王社刊行
ショートになって隔月連載中のココロ屋です。
今回は「慌ただしい中で自分がどこにいるかわからない」と思う
主婦の方がお客様〜


再録
「神様に聞いてみて」
「サクラ〜愛の物語」11月号 メディアックス刊行
退屈な人生が会社の倒産から一変して…

えーっと、倒産とか描いてますけど、深刻なもんでなくて
コメディタッチの作品です(^^)

再録
「愛情物語〜クリスマスの恋人」
「15の感動クライマックス」12月号 宙出版刊行

宙出版さんの雑誌が3つ、合同フェアです。
そんでもって、その3つ全てに「愛情物語」が載ります!

うち2つが再録ですが、新連載は
「幸せな結婚」という雑誌です。
3誌合同フェアの件については、後日改めてアップします〜
太助さんがイメージキャラクターになっております(^^)

再録
「きりんが丘のココロ屋」
「最高の主婦たち」12月号 海王社刊行
大学生の娘が登校拒否に…そして…

女子高生…か?

10-23,2012

〆切り接近中でジタバタしています。
唐突でありますが、先日とある方とマンガのお話をしていて、
自分の好きなマンガとか色々考えていたら思い出したことが…

キターーーッ

10-22,2012

腰痛持ちの夫のための椅子は腰痛持ちにやさしい椅子達。
随分救われているのですが、その分外出したらダメージ大というか
ゾンビのように歩く夫に手を貸そうとしてグッとこらえる。
だってさ、何気に私が手を出すと何故か夫に攻撃をしかけることに…

朝一のお仕事

10-21,2012

大事なんですよ。コレ。
チョイスを間違えると大変なことになるんですわ。
なので詰めの時とかは既読のものでお気に入りのを選んだりしております。

マンガの神様が

10-20,2012

今日はマンガ教室でした。

教室にはもうかなり前からこの「手塚治虫全集」をば置いております。

コレ、私が中学生くらいからずーーーっと親に頼み込んで集めていたもの。
結婚しても子どもができても手放さずにおりました。

んでまあ、うちの息子くんも当たり前に本棚からコレを読んで育っていたわけです。
別に「コレを読むべし」なんて気もなくて教室に当たり前にあるコレ。

面白んですけど、普段別に興味がない子どもたちが、なにかのきっかけでふと
手にとって読み始めると…しばらーーーく読みこんでいるんですよね。
この間は小学校低学年の子数人が妖怪マンガ描いていたから
「そういうの好きならコレおもしろいよー」と「どろろ」をおすすめ。

夢中で読んでいた〜(^^)
黄ばんでボロボロになっていくけれど、それも妙に嬉しい。
だってマンガって読まれてなんぼだもん。
おもしろいものは読んで〜って思うし。
そんでもって、目がキラキラと「おもしろい」って言っているのを見ると
すんごく嬉しい!

手塚治虫センセのマンガはどんだけ私の心臓ドキドキ言わせてくれたか
「美味しいものはみんなで食べたい」
基本だね。

ちなみに、子ども達からも「センセ〜おもしろいマンガあるけど読む?」と声かけてもらってて
「読む〜〜っ!」と言ってマンガの貸し借り。
年齢差大きいけど、マンガ好きなのはおんなじなのだ〜〜

写真-5

ふっ…不覚なり〜〜っ!

10-19,2012

この買物の後、すぐさま読み始めたのですが、夕飯の支度の時間になったので
ぐっとこらえて中断。
夫に「私はマンガを中断してご飯作るよっ!大人だからねっ!」と言ったら
「その発言が出る時点で大人ではないだろう」と言われました。


いち、に、いっぱい〜

10-18,2012

なんか今日は予定がグルっと変更となったので
今日する予定のものをちょい先に延ばし、
明日の予定のものを今日に入れたり。

さて、本日は私の仕事の大事なアイテム「メガネ」くんたちを紹介〜

ここ数年、ことにこの一年「目」がもうダメダメなんですが
今私の机の上には、合計5本のメガネがあります。
スタンドに3本。ケースに1本。顔に1本。という計算。

遠近両用、近々用、遠方用、近々用その2、近距離用、
って感じです。
もんのすごく目が不調な時に作っていっていたらこんなことに。

外出用には遠近両用が一番使っておりまして
作業用には近々用(焦点距離が50センチと30センチとかって設定)
その日の目の調子で、ちょいちょい掛け替えております。

眼科とか行くと「目を休ませて」とか言われるんですけどね
けどね…けど…

写真-3

身体が心を裏切るよ〜

10-17,2012

編集さんの胃に小さな穴を開けたであろう原稿は無事アップしました。
終わったらマンガ読むっ!とかたく決心していた私ですが
朦朧としつつ仕事机のところでマンガ読んでいたところ、夫はもう「好きにしなさい」モード。
でもさすがにもたないだろうなーと感じるに、すっげー悔しい!
気持ちは読みたいのに、身体は休みたいと訴える。
そして身体の訴えに負けるだろう自分が情けないよ。
明日も朝から仕事しないとやばいスケジュール…がんばる…
気持ち良くマンガ読めるように頑張るっ!

こんなです

10-16,2012

あと一日っ!

救われた…のか…?

10-15,2012

本日は〆切りまで後2日という原稿と格闘中でありながら
「おそらくここ数日で〆切りのはず」のショートを描かねばと
そのネタのことも考えて焦っておりました。

4p作品なのだけど、ネタをどうしようとウガウガ。
ネームにする前にネタOKもらわねばとネタ出ししてFAX。

手元の原稿と、ショートの原稿と同時進行だなぁ…とか考えつつ
作業していたところにショートの担当さんからのお返事。

無事通ったところで
「正確な〆切りとタイムリミットを教えて下さい」と聞いたら
「◯日でだいじょうぶです」と言われ、その瞬間
神様ありがとう〜〜〜っ!と感謝した私。

そう、それは今やっている原稿の〆切りの後の日だったのですよ。

どうやらこちらの状況を知ってらっしゃるような空気を感じたので
情けをかけていただけたのでは…と思うのですが
そういう情けはありがたくお受けする私なので、はい。

ともあれ、担当さんの優しさにお返しするのは原稿で、と
がんばるのであります。

トラトラ〜

10-14,2012

色々と思うことはありますが…私的には私に頼む時点でわかっていただろうことというか…
うちの夫はその後ロン毛となりました。

20121014-2.jpg
20121014.jpg

セ…セーフ?

10-13,2012

昨日の夕方までにできなかったネーム。
実は早々に「これは上がらない…」と悟った私は担当さんにメール一本
「ごめんなさい」メールでした。

担当さんの休日である土曜日に見てもらうか
月曜日の朝一で見てもらうか…どうしましょうというメールでしたが
担当さんは「では土曜日に」というお返事を下さいましたです。

人様の休日に割り込む時、それはそれは心が痛むのですが
担当さんに言わせると
「お気遣いはうれしいですけど、その段階ではないというか」(苦笑)

まったくそのとーーりですっ!

福田、時々、現実を飛び越えてしまうようです。
というわけで本日やや遅れながらも無事ネームのOKを取りまして
明日からはもうガシガシ描くのみの私です。

でも今月きっと私、色んな担当さんに謝るばかりだなぁ…
(予感が確信な時点で頭使えよ私っ!!)

ちなみに今日、このブログで文字の色を変えるのが分かったかのでやってみたです

頭の中はハムスター

10-12,2012

下の日記読んでもご心配なくです。
毎度のことなもんで。
私、すぐ思考が暴走するんですよ。で、根気がないのでその暴走、長く続かない(^^;)
そんでまあ、出来事事態は変わらないとして、自分的に納得いけば「まっいいか」という。
今回もオチは「まっいいか、やれることをやるさ〜」です。
ちなみに昨日の誕生日ネタ、夫も同じネタだった〜(^^)http://cocoroya.doorblog.jp/

増えた〜なにが〜

10-11,2012

今日は私の歳が1つ増えました。
マンガ日記描くつもりが、夕方までお仕事していて、
それからちょっとトラブル発生したため今日はマンガ日記はパス。

んでまあ、今日の私と夫の会話です。
夫「誕生祝いなにが欲しい?」
私「マンガ」

夫「…あんた、いつも本屋やネットでマンガ買ってるでしょうが。
  誕生祝いもマンガって、なにか違いがあるの?」
私「ある!誕生祝いの場合は罪悪感がなく予算分一気に買えるから。
  超うれしい」

夫「…罪悪感?」
私「まとめ買いとか、やっぱね」

夫「よくわからんが、違いがあるというならそれでいい
  が、予算内ならマンガじゃないものも買っていいからね」
私「うん、うん」
  とAmazonを開く。

これ去年も同じ会話したような…

でまあねですね、去年とかは読みたかったマンガの大人買いしたですよ。
母の日ってやつもそれでした。

週に何度も書店に行って新刊買っているんですけど
なんでしょう、違うんですよコレが。
今年はなにを買おうかな〜と考えるのも楽しみの1つなのでありました。

そういうわけで1つ大人になったのですが、
マンガに関しては何一つ大人になっていないというお話でした。

新着お仕事情報

10-11,2012

新着お仕事情報〜
再録
*「きよちゃんは風になった」
「シルキー涙ストーリー」白泉社刊行
乳がんに侵されたきよちゃん。
きよちゃんは、私の知人の親友でした。
マンガにしていいよと言ってもらっていたのだけれど、
会いに行く前に亡くなられてしまいました。
それでもマンガの中のきよちゃんは不思議なほどそっくりだとお友達に言ってもらえたのでした。

*「虹のかなたに」
「平成ママ友地獄」ぶんか社刊行
↑すごい雑誌タイトルだ〜
内容は突然不登校になった子どもに親としてなにができるのか…

*「言えなかったありがとう」第二回目
「涙がこぼれたあの一言」11月号 ぶんか社刊行
早野香寿代さんの半生を描いた作品。
第二回目です。

*「続・橘屋繁盛記」
「愛情物語スペシャル」11月号 メディアックス刊行
新作は「15の愛情物語」メディアックス刊行で連載中です。
(3回載って、一回休みのサイクルです)
その「続・橘屋繁盛記」の初期の頃からの再録となっております。
橘屋は「橘屋繁盛記」と「新・橘屋繁盛記」と「続・橘屋繁盛記」があります。
通しで99話!次で100話目だ〜!

生命樹の真相

10-10,2012

ブログを読んで夫が
「あのさ いのちぎ って方言だと思う」と一言
「え?そうなの?」
ってんで調べました。
そうしたら大分県の方言で「いのちき」や「いのちぎ」といって意味は「生計を立てること」
ということらしいです。

そっかー
「生命樹」って変換した私の脳みそはやっぱマンガ入っているのかなぁ…

でも、いいの「生命樹」ってなんか好きだから(っておいっ!)

ps・私は生まれも育ちも大分で、夫は東京の人でした。
はうう〜

生命樹というもの

10-10,2012

たまには真面目なお話を…


今年の春、私の茶道の師匠がお亡くなりになりました。
享年92歳。
私にとっては茶道の師匠であると同時に、女性として人としての人生の師匠でもありました。


トホホでとんでもな私ですが、小学4年から中学一杯と茶道を習っておりました。
その後、進学などで下宿生活になったりと、慌ただしく日々を過ごし茶道からすっかり離れた生活に。

一度息子が小さい時に再開しようとしたけれど、育児と仕事との兼合いが上手くできずに挫折。
そして、息子が中学に入る頃に再トライ。
師匠に出会え、再び茶道の魅力にとりつかれ「今度は一生続けていこう」と思ったのでした。

ところが、ここ数年、仕事絡みでお稽古に出られない事が続いたり、お茶会にも不参加となったりで茶道から離れていくのだろうか…という不安や焦りが出てきたりしておりました。
やる気がないことだと思われはなしないか。
いや、そもそも自分の努力が足りないのではないか…忙しい方がやれているではないか。

まあ、そんなこんなで情けない気持ちが一杯になったり。

そんな気持ちを抱えて、ある時師匠に「茶道から離れたくはないです。でも現実がそうならないのが情けないです。」と言った時(仕事の事情も話しておりました)

「いい、いい。生命樹は大事だから。
その気持があれば、大丈夫。
まずは生きていく基盤を大事にしないと。」
ニコニコとおおらかな笑顔でそうおっしゃった。

師匠は戦時中や戦後、大河ドラマのような波乱の人生を送られていた方で、その中で茶道から離れなくてはならない時があったけれど、大変な時をくぐり抜け生きていく基盤を作ってから茶道を再開なさったという方でした。
(本当はいつか師匠の人生をマンガで描きたかった…)

その師匠からのその言葉で、私ホントに泣きそうになりました。

「大丈夫。情けなくなることはない。
まず生きることを真剣に。
それができて大事なものを守れる。」

私、師匠の言葉をそう解釈いたしました。

それから、情けないことは色々とあるのですが、
そのたびに師匠の言葉で顔を上げることができております。

「いのちぎ」漢字は「生命樹」と変換しておりますがちゃんと伺っておりません。

根を張って生きる。
自分を周囲を生かしてくれる生命の樹。
お金だけの話じゃないと思っております。

今日ふと、師匠の言葉を思い出すことがあったので書いてみました。

マンガ日記と違って、文章は難しいです。

ちなみに、師匠はうちの息子の師匠でもあります。
息子にとっても師匠は茶道だけでなく、大きな人生の師であります。

事の真相

10-09,2012

この件について、夫がブログで自分の驚きを書いていたのだけど、コメントで「マンガ好き」に驚いたと解釈されたようで、夫が「みんな真実を知らない…」と呟いていた。
夫が驚いたのは「うちの妻のおバカさん度合い」だったようで…
原稿アップした後は、ええ読みましたマンガ。でも目が開かなくて寝落ち状態。
お布団に移動することとなりました。

かなりアレな状況ですが

10-08,2012

ラストスパートです。
現在かなりアレな状況です。
どうアレかというと、今やっている仕事先の編集さんがこの日記更新を知ったら
「日記を更新している余裕があるなら、原稿進めて下さい!」と叫びそうなほどな
アレな状況です。
なので、一番おとろしい「やっちまった」を回避すべく、作業に戻ります。
…久々に半徹になりそうです。
(完徹は、目がかすれてしまうので〜)

おあずけ!

10-07,2012

こうなるってわかってたんだけど、わかってたんだけど…
でもって、こういう時はかつて読んだことのあるマンガを休憩時間にパラパラ読んでいる。
お仕事終わったら「ヨシッ!」を楽しみにがんばろうと言い聞かせる私。
その数日後すぐに次のネームの締め切りがあるという事実は、今は見ないことにするなり。

どこに行ってももとはもと

10-06,2012

夜9時頃帰宅して、夫と遅いごはん。
さて、出張中いろいろありましたが、その一部だけ。
ホントはもっとご報告あるんですが、帰宅して目の前の「ヤバイ原稿」を前に
続きはちびちびとアップしますです。
「ヤバイ」です。ホント。飛行機の中でも下絵してたり…
あ、でもその間の仕事場ではスタッフが背景とか色々進めていてくれておりした。
その間の件はスタッフブログの方をば覗いてくださいませ〜〜

ps/画像アップした後で、iPhoneの綴りを間違えていることを発見。
…やっちまったでした

http://cocoroya.doorblog.jp/

お笑い出張講師?

10-05,2012

本日は、東京は池袋の大学で学生さん達に
講演というものをやってまいりました。
はっきり言って、うちのマンガの対象読者じゃないですよね。
でも、聴いてもらうかぎり〈面白い〉と思ってもらいたい!

なので、がんばりましたよ。
そうしたら、まるで、ここのブログのような感じの講演に…

後で感想を聞かされたなかで、一番うれしかったのは
〈おもしろかった。本屋で、福田先生の名前を見つけたら
立ち読みしてみます。〉だったです。

だって、二十二歳くらいの男の子が、立ち読みでも
読んでみようと思ってくれたんだと思うと(^◇^)
ともあれ、無事終わりました。
詳しくは、また後日~

人の情けが身にしみるなり~

10-05,2012

これ、昨日の記事タイトル。
コピー冊子の希望メール頂いて、うれしかった件や、
お返事は帰ってからすぐと。